2018年5月10日木曜日

意識を張り巡らせて体を動かすことが大事。演奏でもトレーニングでもなんでも



最近なんだか筋トレの話ばかりになってる気もしますが、筋力も順調にアップしてきてネックを握る感覚も変わってきました。
しかしそうしたフィジカル面以上に日頃の演奏とかレッスンとかに役立つフィードバックが色々得られたので書いておきたいと思います。

大きく言うと二つあるんですが
一つは初心者であるということを改めて体感できたこと。
もう一つは体を動かす上で重要な意識を確認できたこと。

まず一つ目、初心者体験について。
ギターやウクレレのレッスンにおいて初心者目線を以って臨むのは大切ですが、その初心者目線を改めて体験できたのは大きいです。
練習方法、モチベーション、楽器との関わりなどなど、初心者目線というのは経験を積んでしまった今、言葉でいう以上に難しいのです。

一方、筋トレに関しては僕は言わずもがな初心者です。
筋トレはただ重りを持ち上げればいいものではなくて、フォームとか筋肉の使い方などを理解し練習しないと本当に効果を生むトレーニングはできません。
そこで色々調べたりその手に入れた情報をもとに練習したりするのですがうまくいったりいかなかったり。
初心者ということを追体験できました。
それは新鮮な経験でしたし、レッスンに臨むマインドも以前とは少し変わりました。

そして二つ目、体を動かす意識について。
筋トレではどこの筋肉を収縮させているか、ストレッチしているかの意識が大切です。
もっというと重りなしで筋肉を動かせるマッスルコントロールができるといいらしいです。
筋肉の動きを意識しているとそこの神経が発達してきてもっと緻密に動かせるようになるようです。
要はどういう意識で体を動かしているかが結果の質を分けるというわけですね。

これは指や手の動きでも全く一緒だなと思います。
漠然とただ手を動かして練習するのではなく、どのタイミングで筋肉や関節をどのようにして手や指を動かすか。
また何を考えながら、どこを見ながら演奏するか。
これらの意識をどこまで緻密に持てるかが演奏や練習の質に直結すると僕は考えます。
最近のレッスンではそうした意識にフォーカスした話をよくするようにしています。
生徒さんの手応えも以前とは違ってきたように思いますね。

こうした経験で正しい練習とは?という命題にもう一歩フォーカスできました。
当初は単に筋力アップ程度の目的だったんですが、色々繋がってくるものですねぇ。

2018年5月4日金曜日

楽しめると思い込んでみよう。



前のポストで書いた筋トレにハマってる件、最初は格好とか演奏のためにと色々理由はあったんですが今はそれ自体が楽しくなってきてとてもいいモチベーションで続いています。
肩幅も順調に広がってきました!
15年遅えよ! と中学の時のバスケ部のキャプテンに怒られそうですが。

僕は割と物事を何でも楽しめるタイプで、たとえあまり関心がない事柄でも何かしらポイントを見つけて楽しめます…と敢えて言い切るようにしてます。
聞き慣れた話ではありますが義務感よりもやりたいと望んでやってる方が勉強でもなんでも身につきます。

そこでポイントは自分は楽しめるタイプだ!と思い込んどくことだと思うんですね。
自己暗示みたいなもんですが、そうやって言葉にしてるだけ結構ホントにそうなるもんです。
なんかわからんけどやり始めたら面白くなってしまったという経験、一度くらい何かであるはずです。
その時のことを思い出して自分は楽しめると言い切ってしまうのが大切なのではないかと僕は思います。

やらなきゃと思ってたり、大切だ、必要だ、と思っている勉強、鍛錬、練習、仕事などなど。
僕もあなたも色々抱えてると思いますが、そんな思いで向かい合っていけたらきっといいと思います。
一回楽しいと思ってしまえばあとは楽なものです。
言うが易しと言うのは簡単ですが、口にしてみるだけでも意外と変わるもんですよ。

2018年5月2日水曜日

筋トレ始めました。



3ヶ月くらい前から水泳に加えてジムで筋トレも始めたました。
ことの発端は速弾きとかやってて筋力足らんなあとか、自分の映像みてヒョロいなあと思ったくらい。
とりあえず近所の区立のジムに行って始めたんですがめっちゃハマってしまいました。

少しづつではありますがやったぶんの結果がダンベルの重量とかとか筋肉の見た目でわかるのと、追い込んだ後の爽快感!笑
今や次のトレーニング日が待ち遠しいくらいになっています笑

トレーニングしてご飯食べるとどうしても疲れて眠くなるので仕事との兼ね合いでなかなか頻度が上げづらいのが少し悩み。
演奏前に筋肉潰すともう弾けませんし。
真夜中までやってるジムがあるのも納得です。

そして僕の場合は181cm、60kgというかなり痩せ型だったので今んところはとにかく増量中。
タンパク質とカロリーが必要なので結構食べてます。
とりあえず向こう3ヶ月のうちに70kgは越えたい!

2018年5月1日火曜日

Beat Itのドラム



今日はドラム練。
ジェフポーカロにすっかり魅了されております。
今はBeat Itを練習してむすがパターンがシンプルな分、余計に難しい。
オンタイムで叩くとあのノリにならない。
少し突っ込んで叩かないといけないけどツッコミ過ぎればもちろん走る。
そのタイミングがめっちゃシビア。

今日のところの仮説はバスドラがオンタイムでハイハットが少し突っ込む。そしてスネアがハイハットより少し突っ込む。
このバランスがピタッと合うと綺麗に回り出す感じが一瞬する。
そしてこれが一番雰囲気が近い。
けれどもそのピタッと合う時間的な幅というのがものすごくピンポイントなのですぐにばらけてしまう。

とりあえず前回よりも少し解明が進んだのでよし!

2018年4月24日火曜日

【ライブ情報】Acoustic Garage 2days 2018年6月19日,20日   吉祥寺曼荼羅

Acousphere Record所属アーティストによるライブイベント「Acoustic Garage」
10回を越えての開催となる今回は吉祥寺曼荼羅にて2daysでの開催です!

Acostic Sound Organization、Sonascribeに加え、新人アーティストやグループの枠を越えたスペシャルユニットも登場します!
新しいアコースティックサウンドに出会える夜となるのでぜひお見逃しなく!

Acousphere Record presents
【Acoustic Garage 2days Vol.11&12】


2018年6月19日,20日
会場 吉祥寺曼荼羅
時間 open 18:30 start 19:00
料金 予約 ¥2700 当日 ¥3200


<2018.6.19 Tue>
Shoichi Kurosaki & Hiroshi Takagi
Aerial
片山海人
Sonascribe
Acoustic Sound Organization


<2018.6.20 Wed>
Dewa Hiroki Groupe
Acousphere Toshi & Takehiko Hokazono
andifferent
Sonascribe
Acoustic Sound Organization



<出演者情報はこちら!>


会場アクセス

吉祥寺曼荼羅
東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目5−2
http://www.mandala-1.com



ご予約

<sonascribe@gmail.com>
まで「お名前」「ご予約人数」 ご希望の日にち、件名に「6月ライブ予約」と明記の上ご連絡ください!

またEメールの他にLINE及び各種SNSでもご予約頂けます。

Line
友だち追加
"Sonascribe"を友だち追加し、LINEのトーク画面からご連絡ください!

SNS
    
Sonascribe林本陽介のアカウント宛にダイレクトメッセージにてご連絡ください!

Acoustic Garage 2days 出演者紹介!

Acoustic Sound Organization    6.19Tue/20Wed

スタイルやジャンルの枠組みにとらわれず、多彩なサウンドを聴かせてくれるAcoustic Sound Organizatin。
今回も出葉広貴と高木博志をサポートに迎えたトリオでの登場。
ウクレレのイメージを覆すファンキーなサウンドに体を預けたい。


Sonascribe                 6.19Tue/20Wed

ブルースをルーツに持つソウルフルなギタリスト林本陽介、Tuck Andress、Acousphere奥沢茂幸のワンマン・リズム・セクション奏法を受け継ぐギタリスト井上直樹による若きスーパーギターデュオ。
荒々しいロックなナンバーから繊細なギターの響きの美しいバラードまで、新たなギターの可能性が広がる二人の音世界に注目してほしい。

Dewa Hiroki Groupe                  6.20Wed

今回初登場となる出葉広貴のソロプロジェクト。
Aerial、Acoustic Sound Organizatinへの参加を経てきた彼の満を待してのメインユニット。
Acoustic Sound Organizatin麻生洋平とSonascribe林本陽介がバックを固めギター3本による白熱のサウンドを届ける。
今回最も注目のユニットの一つだ。

andifferent                      6.20Wed

ボーカルChiekoとギターJiguによる夫婦デュオ。
Chiekoの優しく伸びやかな歌声とそれをパワフルながらも温かく支えるJiguのギターの織りなすサウンドは夫婦ユニットならでは。
またシンガーとしても活躍するJiguによるボーカルも見所。
Chiekoとのツインボーカルでのパワフルなアンサンブルは必聴だ。

Acousphere Toshi
Takehiko Hokazono
                6.20Wed
スーパーギターデュオ、Acousphere清水敏貴とブラジリアンギター界きっての名手、外園健彦によるドリームプロジェクト。
ブラジリアングルーヴをベースとしながらも、それにとらわれない伸びやかな演奏はギターの音の美しさを改めて教えてくれる。
2人の織りなすサウンドに心ゆくまで酔いしれたい。


Shoichi Kurosaki
Hiroshi Takagi
                    6.19Tue

若い価値観でフォークと向かいあう黒崎晶一とパーカッショニストとしてすでにいくつかのステージを経験している高木博志によるギターデュオユニット。
今回は新たな楽器として注目を集めるウクレレギターでフォークの名曲を引っさげて登場。
彼らの新しくも懐かしい演奏にぜひ触れてみてほしい。


Aerial                           6.19Tue

New Ageの世界観を体現するAerial
瞑想や禅などを通して歴代のNew Ageギタリストが求めた精神世界までも求道する彼のギターは聴く者を強く魅きこむだろう。
その静謐な音世界に存分に浸ってみてほしい。

片山海人                        6.19Tue

クラシックギターを手にソロギターの道を追求する片山海人。
クラシックのスタンダードナンバーはもちろん、オリジナル曲も聴きどころ。
伝統的なクラシックギターの奏法と持ち前のポップセンスを融合させたソングライティングはとても詩的でハートウォーミング。
シンガーのようにメッセージングを放つ楽曲たちにぜひ耳を傾けてほしい。



ライブ詳細はこちら!

2018年4月18日水曜日

オープンマイクイベント、Music tree Vol6



昨日はアコースフィアカフェでオープンマイクイベント、Music tree Vol6でした!

今回も多くの方に参加して頂いて大変盛り上がりました!

すっかり恒例のイベントとして定着して僕たちも嬉しいかぎり!
主催のアンさんとマリーンさんに感謝です。
次回も多くの方のご参加お待ちしてます!

そしてイベント終了後になんとサプライズ!

参加者のみなさんから誕生日プレゼントを頂いてしまいました。

ハッピーバースデーもみんなで歌ってくれてめっっっっっっちゃくちゃ感動しました!
枝豆の栽培セットをもらったので丁寧に育てます。
今年も充実した一年にできるよう頑張ります!

2018年4月9日月曜日

ウクレレ生徒さん演奏動画 - Close To You



ウクレレレッスンの生徒さんとウクレレデュオの動画を撮影しました!
今回はカーペンターズのClose to Youのメロディーを弾いてもらいアコースフィアカフェにて収録しました。
Close to Youのメロディーはスライドを交えたポジション移動なども適度にあって、メロディー弾きの基本を学んだ後の発展系としてなかなかいい題材だと思います。
そして何より…メロディーがすごくいい!! これほど珠玉のメロディーは名曲として聴き継がれている曲の中でもなかなかないと思います。
作曲はバート・バカラックです。
その旋律に耳を預けながら練習してもらうと良いかなと思います。

2018年4月7日土曜日

【動画で解説】体の仕組みから見る、柔らかな手首のスナップとストロークのコツ


ストロークはもちろん、シングルノートにおいても手首の柔らかさやスナップはとても大切な動きになります。

では手首のスナップと一言で言いますが実際にはどういうことで手をどのように動かしていけばいいのでしょうか?
今回の動画では、筋肉や骨といった体の作りから手首のスナップを説明していきます。

体の仕組みを知ることで弾き方の意識が変わります!

手首の動きの基本は回転

手首がブラブラと柔らかい、またはスナップが効いている状態というのは手首が回転している状態です。
この回転の動きは手首にとって一番負荷の少ない自然な動きです。

反対に回転の伴わない縦横の動きは少々キツイ動きです。
関節や腱の疲労を伴いやすいものです。

従って演奏時の手首の動きはこの回転の動きを基本としていきます。


手首の回転=腕の骨の交差

次にこの手首の回転の動きの時の骨の動きに注目してみましょう。
腕は尺骨と橈骨(とうこつ)という2本の骨でできています。
手首が回転するとき、この2本の骨は交差するように動きます。
すなわち手首の回転=腕の骨が交差する動きと言えます。


腕の上下と手首の回転は連動している

では演奏時、この2本の骨の交差をどのように作っていくのでしょうか。
ポイントは肩、上腕、肘と腕全体を連動して動かしていくことです。
2本の骨だけを意識的に動かすだけではピックが弦に引っかかってしまい、いいピッキングには繋がりません。

手洗い時の水を切る動きが一番簡単な例ですが、動きをしっかりコントロールするためにもう少し分解してみてみましょう。

人間の腕は上にあげたとき、自然と手首が返って手の甲が上を向きます。
反対に腕を下げると元に戻ります。
試しに手首の向きを固定したまま腕を上下させると上腕あたりが少し張ってくると思います。

ここからわかるのは腕の上げ下げの動きと手首の回転、2本の骨の交差は連動しているということです。
この連動をスムーズに行うことで良い手首のスナップが生まれるのです。

手首が固まってしまうのは、何らかの要因によってその連動が妨げられているからです。
その要因とは主に2つ。
ピックを握りこみすぎて手首まで力が入っている、または動かそうとしすぎて腕のどこかの部位が連動に逆らって動いているのいずれかです。

連動させるコツは肩、上腕、肘、手首、指先(ピック)の順に動いていくことです。
「動かしていく」ではなく「動いていく」という感覚を大事にしてください。
肩が動いた結果、上腕が動き、その結果、肘が動き….といった具合です。


こうした体の仕組みや動き方を知ることで意識できる観点も違ってきます。
今回紹介したポイントを踏まえてぜひ柔らかな手首を手にいれてください!



<ギターレッスンのご案内>

東京南荻窪Acousphere Studioにてギターレッスンを開講しています!
平日、土日ともに17:00-22:00の間で受講頂けます。
初心者の方から丁寧にフォローします!
ギターの貸し出しもできるので、まだ楽器をお持ちでない方でもレッスンをスタートできます。
また仕事帰りなどに手ぶらで受講頂くことも可能です!

傍らに楽器のある生活はとても素敵です!
ギターで音楽ライフをスタートさせてみませんか?

レッスンのお申し込み、お問い合わせはsonascribe@gmail.comまでお願い致します。
お気軽にお問い合わせください!

レッスンの詳しいご案内はこちら!



ストロークで練習するいい音の出し方 - Pat Metheny / Facing West



自分の中で定期的にストローク強化期間がやってきます。
ギターやウクレレにおいて、おそらく最も初歩的な奏法として認知されているであろうストローク。
しかしシンプルな動きであるがゆえにピックコントロールやリズム感を直に問われるシビアな奏法でもあるのです。

またシングルノートでいい音を出すためにもストロークで弦をしっかり鳴らせないといけません。
いい音で弦を鳴らすポイントは主に2つ。
まず力ではなく、腕の重みとスピードによるエネルギーをピックから弦に伝えること。
次に手首やピックの角度、握り具合を調整して弦に伝わるエネルギーを適切な大きさにしてあげることです。
そのポイントを実現させるためにはストロークの熟達が必要なのです。

従って本当にすごいギタリストはストロークがうまい。
その最高峰はパットメセニーだと思います。

かなり早いテンポにも関わらず、とても大きく振り抜かれている右手。
密度の高い力強い音ながらも、ダイナミクスの整った端正な音。
音の密度は右手の大きな動きから、端正なトーンは確かなピックコントロールから生まれます。
このテンポでこれだけ大きく腕を振りながらこの音を出すには相当なピックコントロールが要求されます。
この右手の技術があるからこそ、パットは極上のメロディー絵を奏でることができるのです。

もっといい音でシングルノートを弾きたいと思っている方はストロークの練習をして見るといいですよ!
ちなみにこの曲の出だしのコードはEsus4からのAadd9です。